LOVE&BOOTS blog

März 2018


Love&small vol.5「学校篇」脚本が、Capeさんとディスカッションをしながら完成に近づいています。
普通の女の子と小っちゃい男の子が幼なじみっていう設定です。
そろそろ同時進行で撮影準備もしなければいけないので、衣装をどうするかCapeさんに聞いてみました。
女子生徒の制服ってホント色々ありますからね、ここは脚本家の意見を聞かないと…

返事がものすごい速さで届きました!そして分量!

・主人公の女の子は白いハイソックス、友達が紺のソックス。

制服11
なるほど、そっちですね。
主人公は清楚系です。物静かな感じ。
私が考えると逆になっちゃいます。
こういうところ、面白いですね。
私はいつも王道でやってるつもりでも全然王道じゃなくって、好みというのはホント千差万別です。
作るということは変化するということとセットですから、それを自動的に反映してくれる「誰かが書いた脚本を撮ろうシステム」って実はすごく意味があることかもしれません。
黒澤明さんも脚本は複数人で泊まり込みで書きますよね。
やっぱり物を作る「システムと環境」って大事っすね!

で、驚いたのがCapeさんの次の指定。

・サンダル

え?
あ、はい。

ん?サンダルってこれですか?
5ba3855cacefdfb6
「そこは上履きだろ!」って思う方もいらっしゃるかもしれません。
私も普通に考えてたら上履きにしちゃいますね。
dddd9
いけない、いけない!
思い込みを捨てないとダメです。
学校=イコール上履きでしょっていう考えは危険です。
共同作業だと自分では考えつかない設定がびゅんびゅん飛んできます。
実は先日いただいた一般の方のメールが「コビトを踏まないで」だったのです。

えええぇぇぇぇぇ~~~~っっっっ?!!!!
もう、私イスから崩れ落ちました。
決まりとか王道なんてないんですね。

で、このスリッパ、(そう、英語の記事ではスリッパというタイトルで書いたのですが、実はこの履物の名前が良く分からないので) 早速調べたんですけど、情報が少ない…。
20060903124318
実際に使われていたスリッパを手に入れることは難しそう。

調べて行くと、全体の数パーセントの学校、高校を中心として使われていたことが分かります。
そして新品はと言うと、いくつかの履物専門工場に行きつくのですが、残念なことに

広島化成 ヘルシープラスーパー 生産中止のお知らせ

あちゃー。
少子化の影響があっちこっちに及んでおります。

どうしよう!
スリッパが手に入らない。



Love&small vol.5, the script “Occurrence in School” is about to be completed through discussions with Cape.
Are there school uniforms in your country?
In Japan, there are many types of school uniforms especially for girls and it affects the mood of the story.
This time, we wanted Cape to decide the uniform, so we sent an e-mail about it.
The response was quick, but, wow! It was so detailed!
Especially, slippers were the most difficult.
5ba3855cacefdfb6
In Japan, when we go inside the school building, we change outdoor shoes to indoor shoes at the place called “getabako,” meaning a shoe cupboard.
This is an important place for the students to put in a love letter or put in a frog, but the indoor shoes we usually put on is “uwabaki,” something looks like this.
dddd9
Are there schools wearing slippers?
What should we do?

このページのトップヘ