なんだろう、緊張している。
私は撮影前に緊張するのですが(当たり前か)、なんかいつもと違う緊張なんですよね。
準備をしていない時って緊張するじゃないですか、今回わりと準備万端の方なんですよね。
やること全部やっちゃいました。でも緊張している。
不思議な緊張です。

今回の脚本は構想の段階からCapeさんという日本人の脚本担当さんがいらっしゃって、彼と何十回もメールのやり取りをしながら脚本を完成させたという経緯(イキサツ)があるのですが、一番最初の数行のメールの段階ですでに公園のシーンというのがありました。
ということは当然ロケなわけで、技術スタッフの人たちは「外ロケ」なんて言いますけど、つまり外ロケの恐怖は天気なんですよね。
これは本当に恐い。

映画やドラマの場合は予報会社と港区の何々町レベルまで絞って予報出してもらったりするのですが、今回私が頼りにしたのは[晴れの特異日]。
よく森田さんとかが言ってますよね、なんだか知らないけど例年晴れちゃう日。
それが5月は21日だったわけです。

不思議ですよね。
この迷信のような言い伝え、先々週区役所に撮影申請を出した時は雨の予報でした。
でも明日晴れなのです。
ありがとう森田さん!
(森田さんに言っていいのか分からないけど!)

ってことは心配事無いじゃないですか!
でもね、緊張してるんです。なんでだろう。

私、撮影を終えた後必ず[撮影後記]っていうのを書くんです。未来の自分へ。
上手くいった時もあるしそうでなかった時も正直に書き残します。
でもだいたい共通する事は「準備ちゃんとしろよ自分」です。
IMG_0783a
この共通する反省点は何年も前から気づいていました。
でも、分かっていても準備がいつもおろそかだった!
なぜ?
それは自分で書いた企画だったからなのかなと、少し思っています。

今回はCapeさんが書いた脚本で、私はバトンタッチを受ける形で走らなければいけない。
つまり走る理由がそこに存在しました。
人の想いを映像化するというのは何か不思議なエネルギーの受け渡しがあるのかもしれません。
じゃなければ想い半ばで人に託されたプロジェクトというのは世界中で止まっている事になります。
動いてますよね。

むしろ馬力を増すのだと思う。
走れメロスは単独マラソンなら成立しないですよね。
やっぱり人とすすめる仕事って馬力を増幅するんだと思います。

IMG_0782a

ウォッカのソーダ割りにピンクグレープフルーツを足したヤツが5杯目になりました。
やばい!緊張が酒へと転嫁している!
これやばいですね、明日撮影なのに!6時半起きなのに!

何を書きたかったかって言うと、心地よい緊張っていいんじゃないかなっ!てこと。

もう眠る事にします。
おやすみなさい。